------------------------------

ドキュワークスのことを、まとめたサイトマップを作成しました。
分かりやすくまとめたつもりですので、参考になさって下さい。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ドキュワークス 実践使用例 サイトマップ

富士ゼロックスのHPで掲載されている、X-Direct (エックスダイレクト)と言う
ビジネスに関わる記事をまとめてみました。
文書管理等、ドキュワークスに絡むことも掲載されていますので、見て下さい。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ビジネスの課題解決のヒント サイトマップ

ブログ管理人が、ドキュワークスを使い『文書管理システム』を構築!
その過程を記載て言います。一平社員の仕事の進め方を、見て下さい。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
文書管理システム構築への取り組み サイトマップ

------------------------------ スポンサードリンク

Vol.4 裏方ほどおいしい仕事はない!

K(Knowledge)-Direct Vol.4 裏方ほどおいしい仕事はない!
― 肩書きより10倍役立つ「事務局力」実践講座 ―

http://www.fujixerox.co.jp/support/xdirect/kdi/1002.html

【内容】
第1トラック【オピニオン(10):「未来創造の場 “Future Center”(1)」】
皆さんの組織には、以前から議論されているにも関わらず、前進せず解決していない問題があると思います。
それは問題の「複雑さ」があり、3つの要因があると言われているそうです。
1、物理的複雑さ  2、生成的複雑さ  3、社会的複雑さ
結局のところ、単純でない問題を、いつもの会議室、いつものメンバー、いつもの議事進行で行っていても問題は解決しないと言うことです。
そこで、「フューチャーセンター」という解決の鍵が出てくるのです。

第2トラック【裏方ほどおいしい仕事はない!(4)実践:営業部門を事務局力で革新するには】
今回は、「営業部門の革新」と言う1例が挙げられております。
営業の仕事は、単にモノを売るだけではなく、顧客の問題を解決したり、顧客の仕事や生活を豊かにするなどの「顧客の価値」を提供するのが営業の仕事です。
しかし、コンサルティングをしている中で、「営業の最大の問題」は、顧客の問題を全体で共有していないことだと言うことです。
自分の顧客を重視し、他の営業の顧客のことは無関心です。
それは、営業部門の施策が「営業成果による競争原理」から来るものだと言えます。
このような体質を変えるべきことは「顧客の課題を共有する場」を作ることです。
その為のアドバイスが、書かれています。

第3トラック【今日からできるKDI流創造的ワークスタイル(11)「ぶらぶら活動(イノベーション行動)の推進】
コンサルティングをしている方は「利害関係者一人ひとりの心理に共感するだけの「感受性」」「今までにない発想で問題に立ち向かう「創造性」」が必要となってきます。
その為には、社内の人とばかり話をしていては、ダメと言うことになります。
そこで、KDIでは、行動指針「自分の時間の50%を『ぶらぶら活動』に使え」としております。
ぶらぶら活動をすることにより、「感受性」「創造性」が育まれることが書かれております。

っと言ったことが「K(Knowledge)-Direct Vol.4 裏方ほどおいしい仕事はない!」の内容になります。
少しでも気になった記事がありましたら、富士ゼロックスのHPにリンクして、詳しく記事を読んでみてはどうでしょうか?
http://www.fujixerox.co.jp/support/xdirect/kdi/1002.html

裏方ほどおいしい仕事はない!

新品価格
¥1,500から
(2010/11/24 12:30時点)


ドキュワークス 実践使用例 サイトマップへ戻る
ビジネスの課題解決のヒント サイトマップへ戻る
文書管理システム構築への取り組み サイトマップへ戻る
Yahoo!ブックマークに登録⇒Yahoo!ブックマークに登録

スポンサードリンク

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

10 : 06 : 53 | K-Direct | page top↑
| ホーム |

人気ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
タメになりましたら応援下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサードリンク

DocuWorks 8


DocuWorks 8

ゼロックス DocuWorks 8 日本語版 1ライセンス 基本パッケージ

価格:11,639円
(2015/4/22 08:24時点)
感想(2件)

最近の記事

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター