------------------------------

ドキュワークスのことを、まとめたサイトマップを作成しました。
分かりやすくまとめたつもりですので、参考になさって下さい。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ドキュワークス 実践使用例 サイトマップ

富士ゼロックスのHPで掲載されている、X-Direct (エックスダイレクト)と言う
ビジネスに関わる記事をまとめてみました。
文書管理等、ドキュワークスに絡むことも掲載されていますので、見て下さい。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ビジネスの課題解決のヒント サイトマップ

ブログ管理人が、ドキュワークスを使い『文書管理システム』を構築!
その過程を記載て言います。一平社員の仕事の進め方を、見て下さい。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
文書管理システム構築への取り組み サイトマップ

------------------------------ スポンサードリンク

リピーターを増やして、競争に勝つ!

リピーターを増やして、競争に勝つ!
~ 見込み客を優良顧客化する One to Oneマーケティング ~

http://www.fujixerox.co.jp/support/xdirect/magazine/rp0606/06061a.html

【内容】
モノが売れない時代に、どのようにモノを売っていけばいいのか、再購入顧客(リピーター)になって頂けるか、Amazon.comの事例などを載せ説明しております。
そこには、One to Oneマーケティングを実践することの意義が書かれています。

【インディックス】
・ペルソナ法による見込み客の設定
・顧客の獲得と維持 ~ 顧客進化論 ~
・顧客満足と事前期待度
・4Pから4Cへ ~ Amazon.comの事例 ~
・顧客の生涯価値を重視し、再購入顧客(リピーター)を囲い込む


今回の記事内容は、上記の5項目です。
マーケティングには、ターゲットのセグメントを行う時い使われる、「年齢層別」「男女別」集計区分表があります。
しかし、One to Oneマーケティングを行う上では、情報が足りません。
そこで、顧客の多種の情報を集計するペルソナ法が有効となってくるのです。
また、顧客は、進化するもので・・・
「見込み客」→「顧客」→「得意客」→「支援者」→「代弁者」→「パートナー」
と、最終的には、パートナーとなり『お客様を紹介』『商品開発や企画提案に参加』と言った、企業にとって大きな利益となるのです。
そして、進化する顧客に、逃げれらないようにする為に、顧客満足度(CS)が重要となってくるのです。

少しでも気になりましたら、富士ゼロックスのHPにリンクして、詳しく記事を読んでみてはどうでしょうか?
http://www.fujixerox.co.jp/support/xdirect/magazine/rp0606/06061a.html
ドキュワークス 実践使用例 サイトマップへ戻る
ビジネスの課題解決のヒント サイトマップへ戻る
文書管理システム構築への取り組み サイトマップへ戻る
Yahoo!ブックマークに登録⇒Yahoo!ブックマークに登録

スポンサードリンク

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

12 : 31 : 45 | X-Directレポート | page top↑
| ホーム |

人気ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
タメになりましたら応援下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサードリンク

DocuWorks 8


DocuWorks 8

ゼロックス DocuWorks 8 日本語版 1ライセンス 基本パッケージ

価格:11,639円
(2015/4/22 08:24時点)
感想(2件)

最近の記事

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター